2015年11月19日

おいしい10歳バースデー

こんにちは晴れ まろんです。

今日は10歳のお誕生日。
プレゼントは何が良い?って聞かれたけど、一番好きなのは食べることだもんね〜顔(イヒヒ)

いつもよりちょっと長めのお散歩の後、大好きな砂肝入りごはんをいただきましたエサ
CIMG7188.JPG

ああ、誕生日だというのに長いマテ。
目はうつろになるわ、よだれは出るわ・・・
CIMG7190.JPG


もう10年経つんだね、とママはいろんなことを思い出してたよ。
たくさんお出かけしたし、いろんな経験もしてきたし。。。
今はあまり無理しない生活を心がけてるけど、まだまだ元気でいるから大丈夫るんるん


お誕生日はやっぱりケーキでお祝いだよねバースデー
でもこれは人間用。
わたしの誕生日なんだから、できればわんこ用ケーキにしてもらいたいわ。
(多分無理だろうけど)
CIMG7196.JPG

甘いにおいに誘われて、ちょっとお鼻をくっつけちゃった。
CIMG7203.JPG

その後、ママのケーキをちょっとだけおすそ分けしてもらったよ。
10歳はおいしい年の始まりになりましたハートたち(複数ハート)

CIMG7211.JPG

にほんブログ村 犬ブログ ポメヨンへ



2015年11月13日

セカンドオピニオン

てんかん治療薬のフェノバール。
これを毎日朝晩2回処方されていました。
CIMG7181.JPG

まろんの行ってる病院は支店がいくつもあり先生がたくさんいて、動物病院としては大きなところ。
何と言っても近いし設備も整っているけれど、一番のネックは担当医がいないこと。
指名もできるけどその先生がいないこともあるので、いつも同じ先生に診てもらえるとは限りません。

この薬は長く続けることになり、定期的に検査も必要。
長く通うことになるなら、やはり一人の先生に診てもらいたい。

このことをご近所の人に相談したところ、良い先生がいるということを聞き、セカンドオピニオンを兼ねて行ってみました。


初めての病院ってドキドキするな。。。
今まで記録している発作の履歴と、過去に撮ったMRI画像を持って行きました。

噂通り、先生はものすごい犬好き。
年齢は40後半〜50代ぐらいかなあ。。。
初めてなのにまろんに顔を近づけて「よろしくね〜♪」とご挨拶。


今までの経緯を説明したところ見解は
「フェノバールはてんかん薬としては一番ポピュラーなもの。
しかし発作の頻度から見て最初から日に2回というのは多い。
発作が夜に起きるということであれば、まずは夜だけ飲ませてみて、もし発作がまだ起きるようなら2回にして、それでもダメなら違う薬にしてみましょう」

というものでした。

先生はできるだけ自然治癒の力で治していくという方針。
人によっては意見が分かれるところだけど、まろんの年齢を考えると、やはりできるだけ体の負担は減らしたい。

今まで粉だった薬を錠剤に変え、1粒を4分割にして処方してもらいました。
内容は全く同じフェノバールです。
CIMG7184.JPG


最初は病院を変えることにためらいはあったけど、思い切って来てみてよかった。。。
そう思いながらお会計を済ますと驚き目

実は以前の病院はこういうお会計でした。
7日分の処方です。
下下下下下下下下
CIMG7186.JPG

そう、薬代とは別に、1日あたり100円の処方料というものがかかっていたのです。
フェノバール代が1日2回で100円なので、
それぞれ1か月30日なら3,000円+3,000円の6,000円。

動物病院は自由診療なので、処方料は病院によって違うようです。
ちなみに新しい病院の処方料は0円。
薬を一か月出してもらって900円でした。
全く同じ薬なのに病院によってこんなに違うなんて・・・
長く付き合わなければならないお薬なら、これってすごく大きくない?

日に1回の投薬で今後どうなるか?
これからは季節的に安心な時期に入るとはいうものの決して油断はできない。
今のところ何の変化もないけれど、しばらくこのまま様子を見てみようと思います。
IMG_5892.JPG


にほんブログ村 犬ブログ ポメヨンへ


2015年11月05日

絶対幸せに!

こんにちは晴れ まろんです。

わたしのお気に入りカフェWithDog
ここで今年初めころから看板犬を勤めているまるお君という、とってもおりこうわんこがいるの。
o0488067913429327932.jpg

まるお君は推定3歳、多頭飼育崩壊現場から保護されました。

鎖で繋がれたまま、満足に水も食餌も与えられずに生きてきたという、とてもつらい経験をしていたわんこ。

でもWithDogで愛情を受け、いろんなことをお勉強しながら、新しい飼い主さんを探していたの。


最初にあった時、まるお君は寂しそうな眼をした臆病わんこだったけど、会うたびにとってもイキイキと穏やかに、そしてたくさんのことを覚えていく姿をずっと見守っていました。

わんこ同士はもちろん、わたしみたいな臆病な子には決して自分から近寄らない、空気を読む力が不思議・・・


約8か月看板犬をつとめたまるお君、このたびトライアルが決定しましたexclamation×2

多分まるお君のことだから、そのまま譲渡になるでしょう。
会えなくなるその前に、お別れを言いに来たよHello
笑顔.jpg

とその前に、大事な腹ごしらえをしなくては・・・
パンケーキ.jpg

この日はケチなママも大奮発!
ミルクとパンケーキのダブルでオーダーるんるん
こうこなくっちゃ〜手(チョキ)
(たまたまイベントでパンケーキが半額だったからだけどね。。。)

儀式のマテからのー
MILK1.jpg

よしっexclamation×2
milk.jpg


まるおくんは11月6日に出発します。
新しい飼い主さんのもとでたっくさん甘えて可愛がってもらうんだよ。


あれだけ愛情かけてたWithDogのママさん、きっと涙なしでは見送れないんだろうな。。。
その気持ちを思うと胸が苦しくなるけれど、まるお君が幸せになるための第一歩。
トライアルから無事譲渡となるように、ずっと幸せを祈っているねぴかぴか(新しい)

まるお君と.jpg


にほんブログ村 犬ブログ ポメヨンへ