2014年07月31日

傾向と対策

けいれん発作は珍しいことではないようです。
血液検査、心臓検査、MRIで病名がないとなると、それは「てんかん」となるそうで。
まろんの場合は脳の大きな部分が壊死しているため果たして単純にてんかんと言っていいものかはわからないけど、現状では過去の病変ということになっているので、てんかんの可能性が高いというわけです。

てんかんを持っている犬は100頭に1頭の割合というけれど、私が知っているお友達だけでも2頭いるので、実際にはもっと多いのではないでしょうか。
そしててんかん発作は何度も繰り返し起こり、その間隔が短くなり薬による治療となるケースがほとんどのようです。


まろんの発作日は2回とも雨でした。
その日の気圧配置を調べてみると・・・

最初のけいれん発作日の気圧配置下下
気圧1.jpg


そして今回のけいれん発作の日下下
気圧2.jpg


そう、発作は台風が近づいている真夜中に起きている。
これは偶然?
まだ2回目なので何とも言えないけれど、台風の時は注意しなくては。


大切なのは健康な体作りから。
やはり毎日の食べ物が大切よね。
フードに関しては現在検討中。一番重要なことなので、しっかり勉強したいと思います。
次におやつ。これからはさつまいもを主としました。
CIMG5745.JPG

さつまいもは糖分やミネラルを豊富に含んでいる優れもの。それに添加物がないことが安心でしょGood
もちろん他のおやつも与えるけど、その際にはできるだけ自然に近いものを選んでいきます。


てんかんは脳の異常な神経伝達によるもので、ビタミンB6が欠乏するとけいれん発作につながることも。
脳内でビタミンB6を介してGABAが合成されるらしく、GABAの作用を向上させることが改善につながるとか。
それならビタミンB群を含むビール酵母「エビオス」。
エビオスにはけいれんに有効とされる核酸RNA、DNAも含まれているし。
これ結構飲んでいるわんこ多いみたいで、人間だと1日30錠目 だけど、まろんには3錠。喜んでポリポリしてます。

その他プレーンヨーグルトをフードにトッピングしたり、これまた脳に良いDHAが含まれている煮干など、無理なく毎日の生活に取り入れられるものから始めてます。
今後はハーブ(脱法じゃないやつね顔(イヒヒ))やサプリ等も勉強していくつもりです。


そして、いざという時のために「レスキューレメディ」
CIMG5746.JPG

こちらはとても頼りにしているわん友さんからもオススメされました。
発作が起きそうな時、または発作時に与えてもけいれん時間が短くなったりするようです。
台風が近づいた時など事前に飲ませてみよう。


箱から出したらすぐに寄ってきたよ。
CIMG5750.JPG

ためしに1滴、ほら、すぐにこんなお顔顔(イヒヒ)
CIMG5751.JPG


てんかん発作を抑えることは無理かもしれない。
でも少しでもその間隔を長くすることに可能性があるなら試してみたい。
その中で合うものに出会えるまで時間がかかるかもしれないけど、まろんの笑顔をずっと見ていたいもんね、頑張るぞっ!!



にほんブログ村 犬ブログ ポメヨンへ


2014年07月17日

2度目の発作

昨年10月に起きたけいれん発作から約9か月。
2度のMRI検査で下った診断は
脳に大きな脱落部分は認められるものの進行性のものではないと、グレーの結果を受け止めるしかなかったけれど、その後特に変化なく普通の生活を送っていたので、もしかしたらあれは一過性のものだったのか、きっとそうだよね、と希望的観測の意味も込めて願っていました。

しかし先日また真夜中に発作は起きてしまいました。

あの時と同じ、まろんの異常に気付いて目が覚めた。
手足をばたつかせとても激しい呼吸でもがき苦しみ、失禁とよだれにまみれて暴れている。

私は最初の発作の時は何がなんだかわからなくて気が動転していたけれど、今回は心構えが出来ていたのか、おびえながらも見守ることが出来た。


まずは時間の計測。
3分を超えるような場合、発作を止める座薬を入れなくてはならない。
しかしこんな状態の時どうやって入れられるのか・・・
以前先生から、出来れば動画を撮って様子を見せて欲しいと言われたけどとても無理あせあせ(飛び散る汗)

暴れ方が激しいので、ぶつからないように場所を確保。
そして「お願い、早くおさまって」と祈るだけしかできず胸がかきむしられる。。。

時間にして約3分。これは発作としては長いらしい。
少しずつ正気を取り戻した時にあげる奇声を遮るために窓を閉める。
あの絶叫は震え上がるほど怖いけど、きっとまろんも自分の身に起きた状況に恐怖で叫んでしまうのだと思う。

優しく声をかけて撫でながら落ち着かせる。
よろよろと立ちあがり、すり寄ってペロペロ舐めてくる。
悪いことしちゃってごめんね、という表情でもうやだ〜(悲しい顔)
全然大丈夫だよ、と腰から下がぐっしょり濡れたまろんを抱き上げ、タオルで汚れた部分を拭いてあげる頃には目がしっかりしてきた。

激しいけいれん後は相当疲れるものらしい。
その夜は体と周囲を拭きとって眠らせた。


発作を引き起こす原因はあるのか?
興奮で頭と目がさえる中考えてみた。
前回と今回の共通点は。。。そう、雨の日!
今回は台風が近づいている時だったので、もしかしたら気圧に関係しているのか?



病院に行って2度目の発作が起きたことを報告。
神経学的検査は異常なし。
気圧のことを話したら、確かにそういう事例はあるとのこと。
気圧、におい、食べ物、異常行動。。。
その子によってきっかけは様々、そして全くない場合もあるそうです。

今後発作の間隔が短くなってしまったら投薬治療に入ります。
しかし一度投薬治療に入ると薬はずっと飲み続けなくてはならず、腎臓や肝臓に影響を与えるらしい。
発作は脳に大きな負担をかけるが、年に数回程度なら投薬よりもダメージは少ないとのこと。

薬に頼らない方法はないか調べてみると、ハーブ療法、ケトン食療法、ビタミンB、青魚の摂取などなど脳に良いと言われるものがいくつかあるようなので、それぞれ詳しく情報を調べてみよう。
とにかく発作間隔を短くしてはいけない、そのためには少しでも有効なことを探してみようexclamation×2


生活上での注意点は特になし。
逆に生活スタイルはあまり変えない方が良いようです。

不安そうなまろん。
でも大丈夫。この病気を一緒に乗り越えようね。

DSC_0054.JPG



にほんブログ村 犬ブログ ポメヨンへ


2014年07月07日

一人でお泊りPart2

とある週末、どうしても一泊しなくてはならない用事ができてしまいました。
どこかに預けなくてはならないなあと思っていた時、ふとお散歩の途中に目に入ったポスター、のんびーはうす目

調べてみると24時間スタッフ常駐フリースペースでお預かり、一日2回のお散歩タイムあり。
そしてうちの地域なら無料送迎をしてくれるとのことひらめき

土曜日の朝から翌日夜までの長時間となるので、フリースペースでのお預かりはありがたい。
ずっとゲージに入っているのは可哀そうだもんね・・・


まずは電話で予約。
そして当日の朝、スタッフの方が玄関まで迎えに来てくれました。
証明書の提示、日々のスタイルや注意点や性格などを説明し、クレートに入れてしばしお別れね、まろんHello


その日の夕方、出先から電話携帯電話
様子を聞いたところ「とても落ち着いていますよ」とのこと。
そしてその晩、写真つきメールをいただきました。

以下、内容です下下下

「到着後、店舗に慣れて頂くためにフリースペースでワンちゃんやスタッフと触れ合って過ごしました。
image.jpeg

ワンちゃんと上手にご挨拶をしたり、スタッフが「まろんちゃん」と名前を呼ぶとトコトコと近寄って来てちょこんと側に座ってくれました。頭を撫でると嬉しそうにニコニコしていました。
image (1).jpeg


夕方のお散歩では、トコトコと軽やかな足取りで歩いており、時折周りの景色をキョロキョロと見回しては尻尾をフリフリしていました。

夜ご飯も食べ、今はお部屋でゆったりと過ごしています。

のんびーはうすでは、スタッフが24時間常駐しております。
この後21時から徐々におやすみタイムに入ります。

今晩から安全にお世話させて頂きますので、ご安心してお過ごしくださいませ。」


元気な様子を知ることが出来てよかったダッシュ(走り出すさま)
お部屋もちょっとデラックスにしてあげたから寛いでいるかしら?


翌日もまたメールが届きました下下



「昨晩は、お部屋の中で体をのびのびと伸ばして、気持ち良さそうにスヤスヤと眠っておりました。

写真.JPG

朝のお散歩では、天気も良く店舗の出入り口まで行き、外に出ると華麗な足取りでスタスタと歩いておりました。時折、車が走っている風景を眺めたりしておりました。

今は、お部屋の中でのんびりと過ごしております。

18時のお帰りの時間まで、しっかりとお世話させて頂きますので、ご安心してお過ごしくださいませ。」



・・・なんて親切なんでしょう!!
そして午後6時、まろんはスタッフの方に送ってもらい、元気いっぱいに帰ってきました。

お泊りの様子のレポートと、こんなお土産も。
CIMG5715.JPG

対応はとても満足できる内容でした。
今後預かってもらうことがあった時は、またお願いしようと思っています。


まろんはというと。。。
DSC_0051.JPG

さんざ私に文句を言って甘えてすぐにこんな格好に。
たくさんのわんこの中で緊張したんだね。
でもたまにはストレスを与える方が若々しくいられるって顔(イヒヒ)

やっぱり我が家が一番、かな?
ゆっくりおやすみ、まろん黒ハート



にほんブログ村 犬ブログ ポメヨンへ