2013年10月31日

けいれん発作の原因

まろんが初めてけいれんを起こしました。


ある深夜のこと、物音で目を覚ますと、
ベッドの下でまろんが暴れている。
「何してんの?」とじっとみていると、眼を見開き手足を宙にばたつかせ、
舌とよだれが横から出ている。おそらく意識はない。
これはタダゴトではないとパパを起こし、まろんの名前を呼び続け必死に体をさすった。

パパが昔飼っていた犬もこうして痙攣をおこしたことがあるらしい。その時はマッサージをすると治った記憶があるらしく、一生懸命まろんの手足の付け根をさすっている。
(後からわかったことだが、この方法は良くないらしいあせあせ(飛び散る汗)

何分ぐらいそうしていただろうか、突然まろんが全身を震わせながら「ギャー」と叫びだし、うんちとおしっこを漏らしてしまった。


家の中はパニック状態どんっ(衝撃)
落ち着くように自分を言い聞かせ時計を見ると明け方2時40分。私は反射的にかかりつけの病院の診察券を出し電話をした。
おねがい、誰か出て…

当直の先生なのか寝ぼけ声で出てくれた!
私は震える声で症状を話し、どうしたらいいかを聞いてみた。
「市内に動物の救急病院があって3時までなら診察しているので電話してみてください」とのこと。

その電話をしている間もまろんの悲鳴は止まらない。
救急病院に電話をしたのが3時10分前。病院の場所は車で20分かからないくらいの距離だが間に合わない。
でも事態をわかってくれて、待っていてくれるとのことでした。


次第にまろんの悲鳴はおさまり、よろよろと立ちあがろうとしている。
私たちは急いで着替え病院に向かいました。


まろんをバスタオルでくるみ病院に駆け込むと、こんな時間にもかかわらず広い院内にはほかにも患者さんがいる。
すぐに救急室に入り内診を受けるが、もうまろんはけろっとしているではないか。

この病院は救急専門、そして検査設備のあるところで、紹介状がなければ一般の診療はしていない。
まろんの様子が落ち着いているので、朝になったらかかりつけの病院に行くとして、それまでもしまた発作が起きた時のために座薬をもらって帰りました。


いったん家に戻り朝を待って診療開始時間と同時にかかりつけ病院へ。
するとすでに救急病院から連絡が行っていたようで、その連携の良さに驚きでした目



今回のようなけいれんを起こす原因としては、次の3つがあげられるようです。

@ 心臓の疾患
A 代謝性(血液)の疾患
B 脳の疾患

そのうち@とAは院内ですぐに調べられるけれど、Bに関してはMRIを撮らないとわからないようで、その設備があるのは大学病院か、昨夜訪れた救急病院のみ。


まずはいますぐにできる@Aの検査をしてもらったけれど、数値に異常が認められず。
やはり原因は脳なのか…


MRIは全身麻酔で行わなくてはならない。
脳に障害がある場合、万が一のリスクではあるが麻酔の影響により今より悪くなる可能性もあるとのこと。
私たちは即断できず一晩考えることにしました。


「てんかん」の場合、通常はもっと若いうちに発症するらしく、まろんのようにもうすぐ8歳になる犬が初めての痙攣の場合、脳腫瘍や脳炎などなんらかの脳の疾患が考えられるとのこと。


リスクと病気の可能性。
悪い病気だった場合早めに処置すれば治るのに、放置していたばかりに手遅れにならないだろうか?
でももし麻酔でまろんに悪い影響が出たら?MRIしない方が良かったとならないだろうか?
でも、でも、でも・・・


さんざん悩んで二人で出した結論は、やはりMRIを受けることにしました。
CIMG5154.JPG



検査当日、まろんはあんなことがあったのが嘘のように元気いっぱいで普段通り。
検査自体は痛みもなく20分くらいで終わるけれど、麻酔が覚めて家に帰ることができるようになるまで2〜3時間。

検査が終わり担当医から説明を受けるために診察室へ。
結果は…


左右対称でなくてはならない脳。
でもまろん脳には異変がありました。
CIMG5138.JPG

素人目でもわかる明らかな黒い影。
かなり大きく占めている。
CIMG5145.JPG

細かく説明を受けたが、結論としては
・腫瘍・・・否定的
・炎症・・・あきらかなものはない
・右後頭葉で脱落、壊死の疑いが強い(黒い部分)

そして壊死している部分の疑いとしては
@過去に梗塞があった跡、病変。
 このせいで脳波の信号が乱れ発作につながった
A進行性の壊死

この@かAを断定するには、数か月後に再度MRIを撮って比較しなければわからないそうです。


過去に思い当たるもの…
そういえば2010年6月の競技会の3〜4日前、目をしばしばさせて頭を振ってばかりいたことがあったっけ。
その時は病院に行って結局よくわからないまま元気になったので、そのままにしていました。

思い当たることといったらその時くらい。
でも特別頭をぶつけたこともなく、もしかしたらその時脳梗塞を起こしていたのかもしれません。

しかしそれがすでに過去のものとして終わっているならいいけれど、進行性の場合、投薬で治る場合もあるがそのまま進んで行ってしまうかもしれない…
でも。。。まろんは強いコだもん。
そんな病気なんかに負けないよね。

まずは今すぐ命を脅かす問題はないということで安心ダッシュ(走り出すさま)
今後発作が起きた場合、その頻度によって投薬治療をしていくという方針でした。

検査結果はグレーではあるけれど、現状としては普通の生活をして全く問題ないそうです。


これからもまろんと一緒にたくさん楽しい時間を作ろう。
もし何かあっても最後までまろんを守るからね。
頼りないパパとママだけど、何があっても大丈夫だから安心して。
覚悟は必要だけど、先のこと(悪い結果)を考えすぎて悲観的になるのはやめよう。
そして今まで以上にまろんと過ごす1日を大切にしよう。
うちの子になって良かったって、まろんにそう思ってほしいんだ。


あの悪夢の日から10日ほど経つけれど、今のところ変化はなく以前と変わらない生活をしていますよ晴れ
相変わらず強気だしワガママだけど、それでもまろんが元気でいてくれたらそれでいいよ。
普通の生活、本当に大切だ、としみじみ思う今日この頃でした・・・



にほんブログ村 犬ブログ ポメヨンへ
t

2013年10月24日

靴、はいてみました

こんにちは晴れ まろんです。

最近お天気の悪い日が続いているよね。
雨があがっても道路が濡れているとわたしのあんよが汚れてしまうので、頼んでもいないのにママは靴を買いました犬(足)
CIMG5132.JPG

え〜!!この靴はくの〜?
別に汚れたら拭いてくれたらいいじゃないどんっ(衝撃)
という反抗もむなしく・・・
CIMG5120.JPG

こんな姿になってしまいましたたらーっ(汗)
CIMG5121.JPG

ママが呼んでいるのでそっちに行きたいけど固まってしまったがく〜(落胆した顔)

よく見たら、スペシャルおやつをもっているではないか〜あせあせ(飛び散る汗)
急いで行かねばexclamation×2
でも普通に歩けないよ~もうやだ〜(悲しい顔)
CIMG5127.JPG

わたしの姿が面白いって何度も歩かせるママはやっぱりドS。
もう少し家で練習してからお散歩するつもりでいるけれど、わたしは断固拒否ですからむかっ(怒り)



にほんブログ村 犬ブログ ポメヨンへ




2013年10月09日

フツーの休日

こんにちは晴れ まろんです。

最近パパのお仕事が忙しくてなかなかお休みがとれないんだ〜バッド(下向き矢印)
だから休日はずっとママとべったりなんだけど、日ごろの運動不足を解消すべく、
かなり長ーいお散歩をすることが多いの。
CIMG5030.JPG

あんよのことも考えて途中抱っこしてもらったりもするけど、
やっぱりお外は気持ち良いなるんるん
CIMG5033.JPG

いつも行く公園は休日で人やわんこでいっぱいexclamation
ママは木陰のベンチでハンバーガーを食べてるけど、近くでみてるとよだれが…ファーストフード
CIMG5028.JPG


公園の片隅にある、わたし行きつけのサロンへ。
CIMG5036.JPG
こっちに引っ越してきてからトリミングはずっとここでお願いしているのはさみ

メンバーになると毎日50分間無料でお預かりしてくれるんだよ。
今日はママが隣のショッピングセンターでお買い物があるから、その間ここで休憩しているんだ。
ほぼ毎週来ているので、優しいスタッフさんはいつでも「まろんちゃん!いらっしゃい」って迎えてくれるの揺れるハート
CIMG5035.JPG


お散歩ついでにお買いものなんてフツーすぎるけど、
こんなふうに一緒に過ごせる休日が一番楽しいね揺れるハート



にほんブログ村 犬ブログ ポメヨンへ